天候が雨の時のウォーキングの服装について

ウォーキングを毎日の日課にしている人でも、さすがに雨の日はお休みしている方がほとんどでしょう。

ですが、中には雨の日でも、ウォーキングをかかさず、ウォーキングを行うツワモノもいます。

そして、これからウォーキングを始めるかたでも、「雨の日でも、ウォーキングをやるぞ!」と、お考えも方もおおいことでしょう。

ここでは、「雨の日のウォーキングの服装」について、お話をさせていただきます。

雨の日でも、健康を崩さないような、ウォーキンググッズを揃えて、安全に楽しみましょう。

雨の日のウォーキングにはレインウエアが必需品ですが、ゴアテックスなどの素材は透湿性、防水性が高く、汗を通してくれるため蒸れません。

また防風対策も考えてあるので、ウォーキンググッズとしてだけでなく、冬の間の日常的な防寒服として利用価値は大きいです。

レインウエアは上下に分かれたタイプが動きやすくてお勧めです。
1枚余分に着ることになるので、中に着る服は1枚減らすとよいでしょう。

色は、危険防止のため、天気の悪い日でも車から見やすいように、明るい色を選ぶと安全面からも安心です。

また雨具としてポンチョも頭からザックまで、すっぽり覆えるのでお勧めですが、風の強い日などには舞い上がってしまうので使いにくいです。

突然の雨に対応するため、普段からウォーキングに持ち歩くにはポンチョがオススメです。

ポンチョはレインウエアに比べて安価で購入できます。
シューズは皮製であれば、出かける前にオイルを塗っておくか、シューズカバーを利用するとよいでしょう。

服装ではないですが、雨具として折りたたみ傘などは使わないでください。
グループで歩くときには他人の邪魔になったり、視界を遮り、迷惑をかけてしまいます。
また、風が吹いたときにも飛ばされる危険性があります。

雨の日のウォーキングも、しっかりと対策をした服装で行けば、いつもと違った景色が楽しめていいものかもしれませんね。

でも、台風の時はさすがにやめておいた方がいいかも(笑)