有酸素運動のウォーキングは脂肪の燃焼に効果的です!

脂肪を燃焼する目安は20分以上

有酸素運動として、ウォーキングは、とても優れた運動であることは、とても有名な話です。

また、有酸素運動で脂肪を燃やすためには、少なくとも20分以上続けなければいけない、と言われていることも、特にダイエット中の人ならご存知かと思います。

では、有酸素運動によって、どのようにして脂肪が燃やされるのでしょうか。

人間が運動をすると、始めは血液中や筋肉中の糖分を、筋肉を動かすエネルギーとして使っていきます。

それがなくなると、肝臓から筋肉の収縮に必要な成分(ATP:アデノシン三燐酸)が供給されるのですが、それも貯蔵分を使ってしまうとなくなってしまいます。

この肝臓貯蔵分がなくなるまでの時間が約20分間なのです。
すると、肝臓は体脂肪を糖分に変換し、筋肉を動かすためにATPの供給を続けるため、脂肪を燃焼できるのです。

そのため、有酸素運動で脂肪を燃焼するためには20分以上、できれば30分間が目標となります。

効率よく脂肪を燃やすためには、血流を盛んにしておくことが必要です。

ウォーキングを行なう前に、十分なウォーミングアップをして、血流をよくしておくことが大切で、十分なウォーミングアップができていれば、1回に10分のウォーキングを3回に分けて行なっても、効果があるとも言われています。

始めから「30分間歩こう」と気合を入れて、結局続かなければ意味がありません。
ダイエットでも健康維持でも、ウォーキングを継続してこそ効果があるものです。

無理せず、徐々に時間を増やし、最終的に30分以上を目標にして歩き出してみてください。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする