ウォーキング中の正しい姿勢について

糖尿病や高血圧の症状改善のためや、運動不足解消のため、ダイエットのためと、ウォーキングは様々な悩みを、解消してくれる運動とも言えます。

ウォーキングで得たい目的は様々なので、目標とする歩数や時間、距離なども異なってきて当然なのですが、共通するのはだらだらと歩くよりも、全身を使って歩く方がその効果が大きいのです。

ウォーキングの運動効果を上げるためには、なるべく広い歩幅を保ち、早い速度で歩くことが必要です。

ただし、慣れないうちからそればかりを気にすると、からだへの負担がかかり、楽しく歩き続けることも難しくなってしまいますので、歩く習慣がつき、正しい姿勢を意識できるようになってきてから、運動効果の高い歩き方を実践するとよいのはないでしょうか。

歩幅を広くとるためには、前に踏み出す足の膝をしっかり伸ばすことです。

膝を伸ばして歩くと、足はかかとから着地します。
そして重心をかかとから足の腹、つま先へと移動させ、その力を使ってつま先で地面をキックすることで、次の力強い一歩が踏み出せます。

腰の回転も意識して歩くとよいでしょう。
頭を無駄に動かさないように意識して歩くと、ウォーキング中に体が、上下左右に揺れてしまうことを、減らすことができます。

視線は、15メートル程先をみるようにしましょう。
足元に視線を落として歩くと、前屈姿勢になってしまいます。
肩の力は抜いてリラックスさせ、ひじを軽く曲げて振って歩きます。

このように正しい姿勢で歩くことで、からだに余計な負担をかけず、効果的なウォーキングを行なうことができます。

ダイエット中の人は、特に、すぐにでも効果を得たいところでしょうが、無理せず徐々に正しい歩き方を見につけて、確実に効果を出すためにウォーキングを実践して下さいね。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする