ウォーキングはダイエットや健康維持にオススメです!

今、健康を維持するためや、ダイエットのためにと、ウォーキングを行なう人が増えています。

毎朝の散歩を日課にしたり、週末には山歩きをするという人、またウォーキングイベントに積極的に参加している人など、歩くという健康法が広く認識されてきています。

しかしその一方で、働き盛りの30歳~40歳代に、運動不足の人が増えているのも事実です。

運動不足や過剰なストレス、規則正しい食事が摂れなかったり、といった理由で、40歳代の男性のおよそ半数が、生活習慣病の予備軍と言われています。

毎日の仕事に追われ、時間との戦いの中で、車移動を選ぶことになり、仕事内容はパソコンに向かったデスクワークが中心、という日々を過ごしていれば、どうしても運動量は少なくなってしまいます。

そしてメタボリックシンドロームへの関心も高まってきています。
会社全体でメタボリックシンドローム予備軍への対策として、ダイエット効果を高める運動として推進している企業も多いです。

ダイエットを始めるといっても、極端に食事を減らしたり、過激な運動を始めては逆に体調を壊してしまいます。

乱れた食生活を正し、運動はウォーキングのような、負担の少ないことから始めるとよいでしょう。

勤務時間が長く、わざわざ歩くために、時間を取れないという人も、例えばエレベーターを、使う代わりに階段を使ってみるなど、ほんの少しからだを動かす機会を増やすだけでも効果はあります。

また食後30分後頃からの軽い運動は、血糖値を下げる効果もあるため、糖尿病の人、またその危険因子を持っている人は、特にお昼休みにからだを動かせるとよいでしょう。

「忙しくて運動やウォーキングに費やす時間がない」
という人も、少し生活パターンを工夫するだけで、歩けるチャンスは見つかると思います。
長く歩こうと思わず、少しでもいいから歩く機会を増やすことから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする