ウォーキングとジョギング、どちらがオススメ?

水泳やサイクリングも余分な体脂肪を落とすには、とても効果的な運動ですが、負荷が大きかったり、準備が大変だったり、その人の体力やそれまでの、運動歴に応じて内容を調整することが難しいスポーツです。

その点ウォーキングは、その効果はゆるやかですが、始める人の体力によってその速度や歩幅の調整ができ、場所や衣装を選ばずに始められることから、広く受け入れられている健康法として大人気です。

しかし気軽に始められるウォーキングでも、だらだらと歩いていたのでは、
ダイエット効果はあまり望めません。
できるだけ歩幅は広く、そして速度は速く歩いた分、カロリーはどんどん消費されます。

普段の生活の中で、あまり歩く速度を考えて動く機会はないですよね。

このように、意識しなくても歩ける「かなり楽」という程度の歩きを基準にし、「ややきつい」と感じる速度まで上げていくことで、筋力と持久力をつけることができるのです。

「ややきつい」とはどの程度か、という例として、
・いつも歩いているより速い
・少し息がはずむが、笑顔が保てる
などがあります。

速度を意識して歩き、「いつもよりちょっと早いかな?」と感じる歩き方をしていくうちに、
楽に歩ける速度が徐々に上がっていきます。

しかし、歩く速度には上限があり、分速110メートルくらいになると、歩くよりジョギングする方が楽に感じられるようになります。

ジョギングはウォーキングに比べ、同じ時間あたりの消費カロリーは2倍以上と言われています。
ただし着地時の足腰への負担も同じように2倍以上となります。

ダイエット目的の人だけでなく、これから運動を始めようとしている人には、負担が少なく長く続けられるウォーキングをおすすめします。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする