ウォーキング前にコーヒーを飲む!

コーヒーとウォーキングの意外な関係

健康のためにウォーキングを続けている人が増えていますね。
会社の健康診断などで、太りすぎを指摘されたり、高血圧の改善のために、他にも定年後の趣味もかねて、とウォーキングを始めるきっかけはさまざまです。

どんな目的にしろ、楽しく健康的に歩くことが基本ですが、そのための水分補給はあなたは、どのようにしていますか?

ウォーキングを始める前にはもちろん、水分補給をしてから出かけてください。

また、20分以上の時間を歩く場合も、水筒を持参して途中で水分補給をしてください。
その場合は、一気にがぶ飲みするのではなく、こまめに口を湿らす程度に飲むのが、体にも負担をかけず、よいですね。

ダイエットの目的でウォーキングを始める人なら、歩く前にコーヒーを飲んでみることをオススメします。

コーヒーには脂肪燃焼効果があるのです。
これは、コーヒーに含まれるカフェインという成分のことを、指しているもので、カフェインにはアドレナリンという、ホルモン分泌を促す作用があり、このアドレナリンには脂肪の、分解を促進する働きがあるのです。

そのため、運動を始める前にカフェインを摂取していると、摂取しなかった場合に比べて効率的に脂肪が燃焼できる、というわけなのです。

しかし、どれだけのカフェインを摂れば、どれだけの脂肪が燃やせるのか、という結果は個人差が大きい部分で、効果を感じられない人もいるのは確かです。

効果を出そうと、運動前の空腹時に、大量のコーヒーを飲むことは控えてくださいね。
コーヒーの刺激で胃をいためてしまいかねません。

また、お砂糖、ミルクたっぷりのコーヒーを飲んでから歩くのでは、摂取カロリーが多くてダイエットには逆効果ですので、ブラックで飲むようにしましょう。