有酸素運動のウォーキングはダイエット以外にも沢山の効果があります!

ウォーキングには、ダイエット効果ばかりでなく、高血圧や糖尿病の運動療法としても有効であります。 他にも、脳を鍛える事ができるのです。 (記憶力がよくなったり、ひらめく力が身についたりなど) ウォーキングは負担の少ない有酸素運動であるからです。 ウォーキングは、行なう人のそれまでの運動経験や、その日の体調に合わせて強度を調整できたり、場所を選ばず日常生活の合間に行なえることが魅力です。

食べても太りにくくなるような肉体改造をする!

太りにくい体作りを目的として、ダイエットに取り組むと、リバウンドもなく、健康的に痩せることができます。 脂肪は落として筋肉は落とさない、これがダイエット成功の秘訣と言えます。 筋肉をつけると、その分、基礎代謝量がアップします。 基礎代謝量が上がると、何もしていなくても、消費するエネルギーもアップするため、ダイエットを終了して、食事をもとに戻してからも、リバウンドしにくくなります。

ウォーキング前にコーヒーを飲む!

ダイエットの目的でウォーキングを始める人なら、歩く前にコーヒーを飲んでみることをオススメします。 コーヒーには脂肪燃焼効果があるのです。これは、コーヒーに含まれるカフェインという成分のことを、指しているもので、カフェインにはアドレナリンという、ホルモン分泌を促す作用があり、このアドレナリンには脂肪の、分解を促進する働きがあるのです。

ウォーキングの後にタンパク質を摂取する!

ウォーキングで筋肉を鍛えるには、運動後に牛乳を飲むとより効果を上げることができるのです。 運動をした後は、からだが筋力アップのために、タンパク質を必要としています。 運動後できれば、1時間以内にタンパク質を摂取するのがよいです。 タンパク質を含む食品などもありますが、運動後にすぐ飲める手軽さや吸収率のよさを考えると、やはり牛乳が摂りやすいのではないでしょうか。

食事制限のみのダイエットは危険です!

リバウンドしないダイエットとは、筋肉量をキープしながら脂肪だけを減らすという方法です。 そめには、バランスのとれた食事と、適度な運動が欠かせないのです。 ウォーキングに代表されるような運動を行なえば、からだの脂肪がエネルギーとして消費され、筋肉はそのまま残ります。

赤筋を鍛えて効率的に脂肪を燃焼!

赤筋が発達すると、同じ運動量でも、エネルギー消費量が多くなるため、太りにくいからだを作ることができます。 赤筋は、普段から姿勢を正すことを意識するだけでも、鍛えることができるため、正しい姿勢を維持しながら、全身を使ってウォーキングをすることは、赤筋を鍛えるための最適な運動と言えそうです。

アミノ酸はダイエットに効果的か?

アミノ酸にはどのような効果が期待できるのでしょうか。 アミノ酸の種類にもよりますが、スポーツ時によく使用されるサプリメントに含まれているのは、「イソロイシン」「バリン」「ロイシン」が多く、これらは筋肉を作る原料となります。 ダイエットのためにウォーキングなどの運動を始める人が飲むのなら、これらのアミノ酸が含まれているサプリメントを選んでください。

ウォーキングの記録を付けてみましょう!

ウォーキングに体質改善効果や、ダイエット効果を求めるのなら、習慣化して、続けなければ効果を期待することは難しいです。 ダイエットを3日坊主に終わらせないために、ウォーキングの記録をつけてみることをオススメします。 記録と聞くと、かえって続かない気がする人もいるでしょうが、そんなに細かい記録ではなく、始めのうちは、1日に歩いた歩数と食事内容くらいでよいでしょう。

有酸素運動のウォーキングは脂肪の燃焼に効果的です!

有酸素運動として、ウォーキングは、とても優れた運動であることは、とても有名な話です。 また、有酸素運動で脂肪を燃やすためには、少なくとも20分以上続けなければいけない、と言われていることも、特にダイエット中の人ならご存知かと思います。 では、有酸素運動によって、どのようにして脂肪が燃やされるのでしょうか。

筋力アップにはノルディックウォーキングがオススメ!

筋力アップやダイエットを目的としている人に、ノルディックウォーキングはとてもオススメなんです。 簡単に言えば、2本の杖(ストック)を両手に持って歩く方法です。 ちょうどスキーでストックを使って滑るように、左右のストックで交互に地面を押しながら前に進みます。