夏の季節のウォーキングの服装について

「夏の暑い日にウォーキングするのはちょっと嫌だな」
こんな風に思う方は多いかと思います。

ですが、準備や方法さえ間違えなければ、夏は汗をたくさんかきますから、ウォーキングダイエットを成功させるチャンスとも言えます。

ウォーキングを、年中無休で、毎日の日課にしている人は、まず日中の炎天下では歩くことはないでしょう。
しかし、朝か夕方とはいえ、夏の日差しを侮ってはいけません。夏場のウォーキングでは、日焼けや熱中症から、体を守るために、工夫した服装が必要です。

汗の蒸発と体温の熱を放出させるために、軽くゆったりとしたデザインのものを選びます。

丸首のTシャツがいいように感じますが、首は特に日焼けしやすい部分ですので、襟付きのシャツを襟を立てて着るか、首に手ぬぐいやバンダナを巻くという方法もあります。

ウォーキンググッズとして、水を含むとひんやり感じさせる素材でできた、バンダナも販売されていますので、首や頭に巻いて使うのもオススメですね。

また、普段から日焼けしていない人は、半ズボンは避けたほうがよいかと思います。

膝の裏側が意外と気付かないうちに、ひどい日焼けをしていまうことがあるので、丈の長めのズボンをお勧めします。

素材は通気性、吸水性、発散性の高いものを選びましょう。
UV効果のあるシャツやズボンも販売されていますので、ウォーキンググッズとして数枚持っておくとよいでしょう。

帽子はもちろん必需品です。

また、自宅から出発して自宅に帰るまでの、ウォーキングの場合はよいのですが、歩いたあと電車に乗って帰宅する場合などは、予備の着替え用シャツを用意しておくと、周囲に気兼ねなく過ごせますので、用意しておくことをオススメいたします。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする