食べても太りにくくなるような肉体改造をする!

脂肪を落として筋肉は落とさないダイエット方法

太りにくい体作りを目的として、ダイエットに取り組むと、リバウンドもなく、健康的に痩せることができます。

筋肉をつけると、その分、基礎代謝量がアップします。
基礎代謝量が上がると、何もしていなくても、消費するエネルギーもアップするため、ダイエットを終了して、食事をもとに戻してからも、リバウンドしにくくなります。

そんな太りにくいからだを手に入れるため、ウォーキングなどの有酸素運動で体の脂肪を、落とすことにプラスして、筋肉をつけるための運動を、組み合わせるようにしましょう。

筋肉を鍛えたい部位によってさまざまな体操がありますが、ここでは、背中に効果的な運動を例として挙げてみます。

手軽な筋肉運動として、ダンベル体操がオススメです。

まず、ダンベルを両手に持ち、足を肩幅くらいに開いて腰を落として立ちます。

このとき膝を少し曲げて、おしりを少し突き出すような姿勢になります。

次にその姿勢から両肘を伸ばしたままダンベルを、横に持ち上げられることろまで上げ、またもとに戻します。

このときの注意点は、腕を伸ばしたまま、また手首は動かさないことです。
そしてどの動きも勢いをつけずにゆっくりと行なってください。
これを10回、慣れたら20回行ないます。

ダンベル体操もウォーキングと同じで、継続しないと効果はでません。

「このニュース番組の間に」とか、「お風呂にお湯をためている間に」など、毎日の日課に取り込むと続けやすいと思います。

またエクササイズをわざわざ行なう以外にも、日常の運動量を上げるために、例えば、「電車やバスは基本的に立っている」、「2階までなら階段を使う」など自分の中でルールを作るのもよいでしょう。

ダイエットを成功させるには、食事、有酸素運動、筋肉運動、そしてなにより継続させる気持ちが大切です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする