まずはウォーキングの習慣を持つことから!

運動不足の人や、これからダイエットをしたい。
と考えている人は、手軽に始められる運動のウォーキングを、候補として挙げられている方は多いようです。

ウォーキングなら、毎日の習慣に取り入れることも簡単ですし、何より、続けられそうな感じもするからでしょうね。

では健康効果やダイエットの効果を得るためには、どれくらい歩いたらよいのでしょうか。

1日30分以上、1日1万歩のウォーキングで、それも早足で歩くことで有酸素運動としての、運動効果が期待できるとされています。

しかし、「どの程度歩いたからどれだけの効果が出る」と数字であらわすことは難しく、個人差も大変大きいのです。

ダイエットを目的にしている人なら、なおさら体重や体脂肪の値が、結果となって出ることを期待してしまいますよね。

しかし、目標とする歩き方の目安はあるにしても、それを無理なく達成できるために、まずウォーキングを行なう習慣をつけることから、始めなければいけませんよね。

いきなり、毎日30分以上のウォーキングをすることを、目標にしなくても、2日おき、3日おきでも効果はあります。

3日坊主ではなく、間があいてもまた歩こうと、ウォーキングを続けようとする気持ちが大切です。

まず歩く習慣をつけ、その中で徐々に効果的な歩幅や速度などを身に付け、負荷を上げて運動効果を上げていく事が大切です。

また具体的な数値で目標を持った方が、続けやすいという、人もいるでしょう。

その場合は、1日1万歩ではなく、例えば1ヶ月で10万歩というように、長い期間で目標を定めると良いかと思います。

「それなら始めは3日間のうちに1万歩」
という無理のないペースで歩けます。
そして少しずつ目標の数値を増やしていけばよいのです。目標と達成感をもつことで、ウォーキングが習慣化しやすいでしょう。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする