ウォーキング中のサングラスは偏頭痛対策にもなります!

あなたはサングラスをどのようなシーンでお使いになられますか?

車の運転をするとき、真夏の海に出かけるとき、スキーを滑るときなどは、強い日差しや雪の照り返しから、目を守るため、また安全に視界を確保するために使いますよね。

また、ファッションとして服や靴とコーディネートして、おしゃれにサングラスをかけることもあるでしょう。

サングラスは屋外のスポーツシーンでもよく見られますが、ウォーキンググッズとしても大切な役割を果たしています。

特に夏場などのウォーキング時には、太陽の日差しだけでなく地面や建物に反射した、光からも目を守る必要があります。

長い時間、屋外で過ごしていると、日差し、照り返しの光、また排気ガスやほこりなどの刺激で、目が疲れて充血し、痛くなってしまいます。

そのため、ウォーキンググッズとしてサングラスを選ぶなら、上からの太陽光だけでなく、横や下からの照り返しの光や、紫外線も防ぐことができるデザインのものを選ぶようにします。

レンズができるだけ大きくて、フレームは顔の側面にフィットするようにカーブしているものがよいですね。

またスポーツ用なら、からだを動かしても、サングラスがずれにくいように設計されています。
視力の弱い人には、レンズに度を入れられるものもありますし、自分のめがねの上からかけられるサングラスもあります。

ウォーキング専用に購入するのなら、ファッション性より機能性を重視し、目をしっかり覆って紫外線やほこりの刺激から目を守りつつ、安全にウォーキングを楽しんでください。

紫外線が原因で偏頭痛を起すこともありますので、ウォーキングする時には、サングラスがオススメです。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする