ウォーキングで便利なステッキのバリエーションについて

ウォーキングの種類には、様々なものがあります。

街歩きや散歩程度のウォーキング。
本格的な山登り、トレッキングなど。
その人の目的によってバリエーションは幅広くあります。
なかでも山登りをする人にとって、ウォーキングステッキは重要なウォーキンググッズですよね。

ポールには持ち手がI型とT型のものがあり、また持ち手のグリップ部分の材質なども樹脂や、ゴム製のものからコルクなどの天然素材までいろいろあります。

持った感触では天然素材が優れていますが、耐久性やメンテナンスを考えるとやはり樹脂や、ゴムなどの人工素材が人気があります。

しかしこれは個人の好みの問題ともいえます。

ポールの長さについては、今発売されているものは、ほとんどが長さを調整できるものなので、一定の範囲内であれば自分に合わせて調整が可能です。

しかしステッキはずっと使うわけではなく、ザックに固定して移動することもあるので、ポールを縮めたときの長さも考えて購入するようにします。

持ち手がI型のタイプは、グリップを横から握るかたちになるので、ステッキ全体は長めになり、それに対して、T型の持ち手タイプは上から握るかたちになるので、ステッキは短めになります。

最近ではポールの機能も充実し、地面にステッキを突いたときの衝撃をやわらげる、アンチショック機能を備えたタイプも多くなりました。
この機能により、歩く際の手にかかる負担が軽減され、とくにグリップを上から握るT型のタイプでは有効です。

トレッキングなどの専門店へ行くと、いろいろなウォーキンググッズが販売されています。
実際に見て、触って、確かめて、目的に合ったウォーキングステッキはを手に入れてください。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする