有酸素運動のウォーキングはダイエット以外にも沢山の効果があります!

ウォーキングには、ダイエット効果ばかりでなく、高血圧や糖尿病の運動療法としても有効であります。
他にも、脳を鍛える事ができるのです。
(記憶力がよくなったり、ひらめく力が身についたりなど)

ウォーキングは負担の少ない有酸素運動であるからです。

ウォーキングは、行なう人のそれまでの運動経験や、その日の体調に合わせて強度を調整できたり、場所を選ばず日常生活の合間に行なえることが魅力です。

しかし、いくら気軽に始められる運動とはいえ、「30分以上歩こう」「1日1万歩」という目標を掲げて歩く人が多いため、今から始めようと思っている人はつい、尻込みしてしまうこともよくあります。

確かに1日1万歩を歩いたり、毎日30分以上の、ウォーキングを続けて行なうことで健康効果が上がりますが、最初からそれを目指そうとせず、少しずつ歩いていく、段階の途中でも、健康効果はあります。
そんなに気負わずに始めることが持続させるためのコツです。

歩くことに楽しみを見つける方法として、こんなことを試してはどうでしょうか。

例えば、一駅手前で降りて、そこから目的地まで、歩いてみようとするとき、「一駅分の運賃が貯まる」と考えてみるのです。

健康とお金、どちらも少しずつですが、確実に自分のものにできて一石二鳥です。

また、歩きながら見える景色や歩いた先に、何か自分の興味のあるものを見つけ、その変化を毎日チェックするというのも楽しいと思います。
梅のつぼみがふくらんだ、柿の実が色づいてきた、いつもの公園に霜柱ができていた。など季節を感じられますね。
どんなことでもいいので、まず機会を見つけて歩き出すことです。

「ダイエットするぞ!」と張り切って結果をすぐに出したいあまり、無理な運動を急に始めてからだを壊し、結局運動が、続かないようでは意味がありません。

ダイエットは体重を落とすことだけが目的ではありません。
そして短期間で結果がでるものでもありません。
体質を改善し、その結果ちょうどよい体重まで、落とすことができるのです。
適度な運動を毎日続けることで、健康的なからだを手に入れてください。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする