坂道を利用したウォーキングについて

ウォーキング中の坂道での歩行は、高い運動効果を得られるため、とてもオススメの場所です。

ダイエット目的でウォーキングをしている人ならなおさらです。坂道や階段でのウォーキングは、平らな道を歩くときに比べ、筋肉への負荷が増し、運動効果もより期待できます。

傾斜角度が10度程のゆるやかな坂道でも、平らな道を歩くときのおよそ、
3倍のエネルギーが必要とされるのです。

ダイエットや筋力アップの目的を達成するため、毎日のウォーキングコースには、積極的に坂道や階段を取り入れたいところですね。

しかし、間違った歩き方をすると、足腰に負担をかけ、無駄に疲労を残してしまいます。

上り坂では上体が前傾に、また下り坂では後傾になりがちですが、背筋を伸ばし、上体は重力に従って垂直に保つようにします。

足元に注意を払うことが必要ですが、うつむいたまま歩かないようにしましょう。

また、歩幅は平らな道を歩くときよりも、やや狭くした方が良いですね。

傾斜の大きな坂道を歩く場合、道の幅を利用してジグザグに歩くと、傾斜角をやわらげることができますが、その場合は周囲の状況を見て、安全を確認してから行なってください。

特に上り坂のウォーキングは心臓への負担も増します。
ダイエット効果を急ぐあまり、無理して体に負担をかけたりせず休憩をとることも必要です。
負担の少ない正しいフォームを身に付け、より効果的なウォーキングを楽しんでください。

世の中、何を行なうにもその道のりは、なかなか厳しいものがあります。
ダイエットに挑戦しては挫折し、また違う方法で少し体重は落ちたものの、また戻ったり。
何事も、下り坂があれば上り坂もあるようです。

どうぞ頑張ってウォーキングダイエットを続けて下さい。
ウォーキングも上がり坂だらけだといいのですけどね(笑)

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする