ウォーキングの記録を付けてみましょう!

記録をつけると努力の成果が楽しくなる

ウォーキングを行なうことは決して楽なことではないため、やる気だけで長く続けるのは難しいかもしれません。

ですが、ウォーキングに体質改善効果や、ダイエット効果を求めるのなら、習慣化して、続けなければ効果を期待することは難しいです。

ダイエットを3日坊主に終わらせないために、ウォーキングの記録をつけてみることをオススメします。

記録と聞くと、かえって続かない気がする人もいるでしょうが、そんなに細かい記録ではなく、始めのうちは、1日に歩いた歩数と食事内容くらいでよいでしょう。

ウォーキングを始めて、歩くことを意識した生活を送ることによって、毎日少しずつでも歩数が増えていくと、さらに意欲がわいてきます。
記録に残された数字を見ることで、これが、歩き続けることへの励みになるのですよ!

また、ダイエットを目的としている場合には、特に、食事内容の記録も大切です。

「食べたものを思い出して書く」
という習慣がつくと、食事への注意が増してきます。
だらだらと食べていた間食がなくなったり、バランスの取れた食事というものを考えられるようになります。

記録に慣れてきたら、歩数と食事内容に加えて、体重や歩行時間、脈拍や血圧も記録していくと、日々の体調チェックにもつながり、自分で健康管理がしやすくなります。

ウォーキングを、気長に地道に、続けていくと、必ず、期待するような数値がでてきますので、ぜひ、頑張り続けて下さいね!

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする