歩き出す時の姿勢について

ポケットに手を入れて背中を丸めている人、背中を真っ直ぐにして歩いている人、壁にもたれて片足に体重をかけて携帯をいじっている人。

などなど、人によってその姿勢は色々です。

先日、知り合いと待ち合わせをしていた時に、街中の人達を観察して思ったことです。

姿勢って、意識しないと、なかなかきれいに保てないもののようです。

これからウォーキングを始めようと思っている人も、まず正しい立ち姿勢から整えていきましょう。
歩く姿勢も気になることろですが、ゆがんだ姿勢のまま歩き始めても、足腰に負担をかけてしまいます。

まず、自分の立ち姿を確認してみましょう。
人は鏡の前に立って自分の姿をみると、無意識のうちにゆがみを矯正してしまうので、できれば他人に自分の立ち姿を見てもらい、指摘してもらうとよいでしょう。

片足だけに体重がかかっていると、反対側の膝が曲がり、両肩も水平にはなりません。
頭もどちらかに傾いてしまっているはずです。

次に姿勢を整えるのですが、両手を頭の上で手のひらを上にして組みます。
そのまま、かかとを上げて伸びをし、胸を引き上げるようにします。

こうすると、からだの左右のバランスがとれ、肩を開くことで胸部も開いてよい呼吸ができるようになります。

次にかかとは上げたままで、両腕を下ろします。

最後にかかとを下ろします。

この姿勢で歩き出すと、より効果的なウォーキングができます。

また、このような
「頭のてっぺんを上から引っ張られているような」
姿勢を保つことで、背筋が伸び、あごが引かれ、骨盤も閉じるため、美容効果も期待できるのです。

ダイエット目的でウォーキングを始める人なら、なおさらこの美容効果はうれしいですね。
正しい姿勢は、何も歩く前だけでなく、常に心がけることが大切です。

ダイエットにも効果的なウォーキング、姿勢を整えて歩き、美しくバランスのとれたからだを作りましょう。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする