ストレッチはウォーキングの前か後、どちらが効果的か?

ウォーキングは誰にでも簡単に手軽に始められる運動として、健康に気づかう人やダイエットを目的としている人にも、広く行なわれていて、とても人気がありますよね。

わざわざ、「ウォーキングを実践をするぞ!」と意識していない人でも、毎日の生活の中で歩いているわけですから、手軽な運動と言えば確かにそうなのです。

しかし、いくら手軽とは言え、いきなりウォーキングを始めては、体に無理をさせてしまいかねません。

せっかくやる気になって歩き始めても、からだに負担をかけ思わぬけがや痛みに遭遇し、「結局ウォーキングを続けられなくなってしまった」こんなことになってしまったら、もったいないですね。

そんなことのないよう、ウォーキング前には、全身のストレッチを行なうようにしましょう!

ストレッチを行なうと、筋肉や関節の柔軟性を、より、引き出すことができます。

また、精神的な緊張をほぐし、ストレスを軽減させることでからだ全体の代謝を高めるという、ダイエットには嬉しい効果も期待できます。

あらかじめストレッチで代謝を高めてから、ウォーキングをすることで、よりエネルギーが消費されることになります。

ウォーキング前のストレッチには、股関節を広げる、首を回す、背伸びやそのまま左右に倒して体側を伸ばすもの、足振り、アキレス腱伸ばし、前屈後屈、屈伸、などがあります。

無理に力を入れたり反動をつけることなく、ゆっくりと息を吐きながら「気持ちいい」と思うところまで、曲げ伸ばしする程度がちょうどよいでしょう。

毎回すべてのストレッチを行なう必要はなく、その時々でからだの疲れを感じている部分を、重心的に行なうだけでも、効果はあります。

また、ウォーキング前だけでなく、ウォーキングの合間にストレッチを取り入れるのも効果的です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする