用途に合ったウォーキングバッグをいくつか用意しておく!

ウォーキングは30分から1時間程度の街歩きから、泊りがけで行なう山歩きなど、その歩き方はさまざまです。
もちろん、行き先や歩く時間、季節によって荷物も違ってきます。

そのため、持ち運ぶウォーキンググッズの量によって、バッグのタイプや大きさも異なってきますので、いくつかウォーキングバッグの種類を揃えておくと便利です。

基本的に歩くときは両腕が自由になる、「手ぶら」のスタイルが適しています。

毎朝、毎夕のウォーキングを日課にしている人などは、ウォーキング中に着替えることもまずないでしょうし、タオルなどは首に巻いて歩けますので、バッグは必要ないかもしれません。

しかし途中で休憩をはさむような、1時間以上のウォーキングをする場合は、飲料を持ち運ぶためのウエストポーチか、ボトルホルダー程度の小さいバッグが必要になります。

ウォーキンググッズとして発売されているウエストポーチは、動きを妨げないために腰にしっかりフィットするよう設計され、メッシュで骨盤を支えて歩く姿勢まで、整えてくれるものもあります。

背中に背負うタイプのザック(リュックやデイパック)は、容量も多く、機能性に優れています。
両肩のベルトに加えてウエストベルトでも固定するものが多く、からだにフィットし、歩きやすいように作られています。

冬場の寒い時期のウォーキングでは、ウインドブレーカーなどの上着を着たり脱いだりして、体温調節を行なうので、それらの上着が入る余裕のある、リュックが役に立ちますね!