ウォーキング後のクールダウンについて

ダイエットを始めたいと思っている人なら、誰もが、「楽に簡単にすぐに痩せられたらなぁ。。。」こんなことを考えるのではないでしょうか。

しかし、ダイエットを行ったことがある人なら、そんなにうまく行かないことは百も承知でしょう。

そんなに短期間で健康的に美しくやせることなんて、そうそうできることではないのです。
健康を維持するのも、きれいになってそれを保つのも、その努力を継続してこその結果です。

近頃ではダイエットのために、ウォーキングを始める人も多いようですが、これもすぐに結果がでるものではありません。

ウォーキングの習慣がついて初めて、体重や体脂肪の減少や筋肉量の増加、疲れにくさなどの、健康効果がじわじわと出てくるものです。

ウォーキングを習慣づけるためには、やはりいきなり無理をせず、体に負担をかけ過ぎない正しい方法で行なうようにしましょう。

運動を行なう前には準備体操をしますね。
準備体操は、からだの柔軟性を引き出し、運動中のけが防止にもつながります。

では、運動を行なった後の、クールダウンはあなたは、きちんと行なっているでしょうか。

負荷の高い運動を終えた直後は、まだからだが興奮状態のままになっています。

そこで、徐々に心拍を安定させ、疲労回復を早めるためにも、軽い体操を行なって、クールダウンをすることが大切になってきます。

クールダウンをせずにそのまま翌日を迎えると、疲労感を持ち越してしまい、それが積み重なると、運動を続けることが難しくなってしまいます。

運動を終えたら、準備体操と同じ一連の動きを行なってください。

また、自宅で足指・足裏のマッサージを行なったり、柔軟体操をするのも効果的です。

入浴も疲労回復にはよいのですが、より効果的なのは、心臓への負担が少ない半身浴をゆっくりと行なうことです。

ウォーキングでダイエットを成功させるためにも、明日も明後日も、またその後も、長く歩き続けられるよう、ウォーキング後のからだのケアをきちんと行ないましょうね!

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする