階段を利用したスローピング運動について

ウォーキングは、血液の循環をよくすることで、スムーズに脂肪を燃やし、筋肉を増強させます。

スローピング運動というのを、あなたはご存知ですか?

公園の坂道や階段などで、後ろ向きに歩いている人を見かけて、「何をしているのだろう?」と思われる方もいるのでは。

おそらく、その後ろ向きに歩いていた人というのは、スローピング運動をウォーキングに、取り入れて実践していたのでしょう。

ダイエットや健康維持のために何か運動をしなくては、と考えている人は多いと思います。
そのような人の多くが、ウォーキングによる運動を選ぶそうです。
特に改めて買い揃えるものも必要なく、気軽に手軽に始められるからでしょう。

しかしその反面、
「またすぐ始められるから」とお休みして、それが結局挫折につながってしまうパターンも多いです。

長い時間をウォーキングに使えない、どうしても続けられない、という人は、スローピング運動を試してみることをオススメします。

スローピング運動とは、地面の傾斜や階段を利用して行なう運動で、まず普通に前向きで階段を上り、そのまま後ろ向きで下ります。

次に後ろ向きで上り、前向きで下ります。
これを繰り返すのです。

始めは階段なら5段程度、坂道なら30歩程度から始めるとよいでしょう。
5分間繰り返すのに慣れてきたら、徐々に時間を延ばし、1日20分間を目標にしてみましょう。

とくに後ろ向きの歩行では、普段あまり使わないももの裏側の筋肉を鍛えられます。

ダイエット効果だけでなく、加齢による筋力低下、代謝の低下を補うのにも適した運動と言えます。

また、場所と時間をそれほど要しないため、楽な気持ちで試せるのも良いですね。

普段からウォーキングに取り組んでいる人は、コースの途中に坂道や階段があれば、スローピングを取り入れてみるのもよいですね。

ただし、後ろ向きの歩行は注意が必要なので、できれば手すりのある場所を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする