ウォーキングシューズが足にピッタリとフィットするように!

「これからたくさん歩くぞ~!」
気合十分な方が、ウォーキングの第一歩として、まず揃えたいウォーキンググッズといえば、専用の靴ですよね。

普段から履きなれている運動靴でもよいのですが、長くウォーキングを続けるつもりなら、それに合った専用のシューズを購入することをオススメします。

ウォーキングシューズ用のモノが販売されていますので、それぞれの特徴をよく見て、実際の履きやすさはどうか、自分の歩く目的に合っているか、など慎重に選ぶようにしましょう。

つま先にゆとりがあることももちろんですが、ひもなどで調整できること、中敷が交換できることも抑えておきたいポイントです。

履き方のポイントですが、まず足を靴に入れたら、足をかかと側に寄せて足先を上げます。

そして、まめの予防や足の甲の圧迫を予防するために、靴下のしわや、靴のベロ部分のしわを取り除き整えます。

足の甲の部分は、歩いて足を踏み込んだときに、窮屈になりがちなので、これに対応して、伸びるようなひもの通し方をしておくとよいです。

ウォーキングに適したひもの通し方は、穴の内側から外側に向かってひもを通す方法です。
このようにひもを組み上げておくと、甲が張り出したときの窮屈さが緩和されて、スムーズになり、動きやすくなるでしょう。

そして、せっかくウォーキンググッズとして揃えた靴ですから、長く使うためにもお手入れはきちんとしましょう。

汚れたら洗うことはもちろん、中敷を抜いて靴のつま先部分の毛玉をとったり、靴底の減り具合や縫い目のほつれがないかなどもチェックします。

靴は履き続けることで自分の足に合ってきますので、大切に扱って、足に合った靴を長く使ってください。